毛穴を引き締めてくれるカーマインローションのおすすめな使い方

こんにちは、化粧品検定の勉強中のあんな(あんな|レイジーなレディ)です。

 

頬や鼻の毛穴の開きに悩んでいる人は多いかと思います。

 

頬や鼻の毛穴が開くのは、皮脂の分泌量が多いから。

 

肌の毛穴を小さくするには、肌を冷やし、皮脂分泌を抑える必要があります。

 

冷水などで冷やすと毛穴が小さくなりますが、それは一時的なもの。

 

冷却効果を持続させるには、アルコールなど清涼感のある成分が含まれている収れん化粧水がおすすめです。

 

この記事では、収れん化粧水のひとつであるカーマインローションを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

収れん化粧水とは?清涼感で毛穴を引き締める化粧水

 

収れん化粧水は、アルコールなど清涼感のある成分が配合されており、毛穴を引き締める効果があります。

 

肌が冷えることで皮脂の分泌も減り、毛穴の広がりを防ぐことができます。

 

収れん化粧水の効果

  • 毛穴引き締め効果
  • 皮脂の分泌を抑えるので、化粧崩れ防止になる。

 

 

カーマインローションを使った感想!ひんやりさらさらなお肌に

 

カーマインローションは粉末が配合されており、水層部分と粉末部分の2層に分かれています。

 

使用前に振ってから使いましょう。

 

カーマインローションの成分

  • 粉末部分:酸化鉄、酸化亜鉛、カオリンなど
  • 水層部分:水、エタノールなど

 

コットンに取るとピンクのテクスチャーが確認できます。

 

 

肌に塗った瞬間ひんやり!!

 

始めはひんやりしすぎて「肌が炎症しているのではないか?」と心配になりましたが、そんなことはなく、慣れると気持ちがいい清涼感に変わります。

 

こんなにも清涼感が強いのはエタノール(アルコール)が10~15%も含まれているから。

 

お酒として飲んだらぶっ倒れるほどの量です。

 

さすが、毛穴の引き締め、皮脂抑制に効果的なだけあります。

 

肌の質感的には、さらさらでマットな仕上がりです。

 

すっぴんなのにお粉を塗ったような粉っぽさがあり、肌の色もワントーン上がったような感じになります。

 

毎日使いは向いていない?カーマインローションのおすすめな使い方

 

毛穴の引き締めを期待して毎日使っていたのですが、毎日使っているとどうも肌の調子がよくない。

 

脂性肌の私でも、肌から粉を吹いて突っ張るような感覚になりました。

 

というのも、カーマインローションは日焼けした肌のほてりを抑えるために使われることが多く、肌に優しいかといったら、そうは言えないようです。

 

アルコールが10~15%も含まれていますからね・・・

 

なので、私はメイク前に使うようにしています。

 

メイク前に使うと毛穴が引き締まって、肌もさらさらになるので、ベースメイクが肌に綺麗に馴染みます。

 

効果別収れん化粧水の使い方

肌を引き締めたいとき:スキンケア⇒収れん化粧水
美容効果を高めたいとき:洗顔⇒収れん化粧水

 

期待する効果によって使う順番も変わって来るので、どんな肌になりたいのかをしっかり考えて使うことが大切です。

 

おすすめな使い方まとめ

  • 毎日使いは向いていない
  • メイク前、皮脂が気になるときに使うと効果的
  • 日焼けした後のほてり抑制

 

カーマインローションのメリット

  • 安い
  • 全身に使うことができる
  • 清涼感で毛穴引き締め効果がある
  • 脂性肌の人でもサラサラとした肌を手に入れることができる

 

安い

 

350円(税抜き)260mlと非常に低価格なので、「ちょっと気になるな」という人もお試し感覚で買うことができます。

 

また、ドラッグストアで手に入れることができるので、どこでも購入することができます。

 

全身に使うことができる

 

日焼けしたあとのほてり抑制として使われることも多いので、顔だけでなく身体全体に使うことができます。

 

「顔に使ってみたけど合わなかったな」という人も日焼けしたあとの腕や首や背中に使うことができるので、買って無駄になるということはほとんどありません。

 

清涼感で毛穴引き締め効果がある

 

毛穴引き締めには、肌の冷却・皮脂抑制が必要になります。

 

カーマインローションに含まれている成分

清涼効果のある成分:エタノール
皮脂抑制効果のある成分:ベントナイト

 

カーマインローションでは、ベントナイトが余計な皮脂や汚れを吸収し、エタノールで肌を冷却することによって、毛穴の引き締め効果が期待できます。

 

脂性肌の人でもさらさらとした肌を手に入れることができる

 

脂性肌の人は余分な皮脂で「一日中肌がベタベタしている」という人も多いかと思います。

 

私もその一人なのですが、カーマインローションを使ってからは日中も肌がべたつくことがなく、さらさらとした肌をキープすることができます。

 

前述したように、毎日使うとサラサラが乾燥に変わってくるので、肌の様子をみながら使うことが大切です。

 

カーマインローションのデメリット

 

  • 匂いが気になる
  • 刺激が強め
  • 使いすぎると肌が粉っぽくなる

 

匂いが気になる

 

カーマインローションを初めて使ったとき、「こんな匂いがするんだ」と少し衝撃を受けました。

 

刺激が強いけど、どこか懐かしいような匂い。

 

個人的には、ユースキンのハンドクリームの匂いに似ているなと思いました。

 

出典:ユースキン公式HP

 

カーマインローションにもユースキンのハンドクリームにも「カンフル」という成分が含まれているので、「カンフル」によって同じような匂いがするのだと思われます。

 

苦手な人は苦手かもしれませんが、私は逆にこの匂いが「クセになるな~」と気に入っています(笑)

 

刺激が強め

 

上記にも書きましたが、カーマインローションにはアルコールが10~15%も含まれています。

 

始めは肌のスースーが強くて「大丈夫かな?」と心配になるくらいでした。

 

腫物や傷など肌に異常が見られるときは、症状を悪化させる可能性があるため、使用を控える必要があります。

 

使いすぎると肌が粉っぽくなる

 

塗ると肌がスーッとするのに加え、お粉を塗ったようなサラサラとした仕上がりになります。

 

グリセリンなど保湿成分も含まれていますが、皮脂や炎症を抑える要素が強く、朝晩と毎回のスキンケアに使っていると乾燥したように肌がつっぱります。

 

皮脂が気になるときなど、使う頻度を調整しながら使うのがおすすめです。

 

カーマインローションは、毎日使いよりも必要に応じて使うのがおすすめ

 

カーマインローションは、強い清涼感と皮脂抑制効果で毛穴を小さくし、さらさらとした肌に仕上げてくれます。

 

しかし、スキンケアの度に使っていると肌が乾燥したようになり、肌にとって逆効果になってしまうことがあるので、使う頻度には注意が必要です。

 

メイク前や日焼けしたあとなど、皮脂を抑えたいとき、肌を冷却したいときに使うととても効果的なので、必要に応じて使うのがおすすめです。

 

カーマインローションがおすすめな人

  • 脂性肌
  • 混合肌

 

おすすめな使い方

  • 日焼けしたとき
  • メイク前など皮脂を抑えたいとき

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ