イプサ ザ・タイムR アクアの成分解析!ニキビに悩む30代女性が使った感想と口コミ評判

こんにちは、あんな(あんな|レイジーなレディ)です。

 

この記事では、イプサ ザ・タイムR アクアの成分について解説していきたいと思います。

 

イプサのザ・タイムR アクアはよく「ニキビに悩む人におすすめ!」と紹介されていたり、コスメサイトでも人気の化粧水として上位にランクインしています。

 

しかし、実際のところはどうなのか気になりますよね。

 

この記事では、成分からニキビに効果的な理由やニキビに悩む30代の私が使ってみた感想、使用者の口コミなどを紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

イプサとは?

 

あまり知られていませんが、イプサは資生堂の子会社として設立されたブランドです。

 

デパコスなのでそれなりのお値段はしますが、資生堂が開発した独自成分を使うことでコストを抑えて商品を提供することができています。

 

ザ・タイムR アクアの成分解析

 

トラネキサム酸*,グリチルリチン酸ジカリウム*,アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム,dl-α-トコフェロール2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩,シャクヤクエキス,精製水,ジプロピレングリコール,濃グリセリン,ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル,ポリオキシエチレン(17)ポリオキシプロピレン(4)ジメチルエーテル,ソルビット液,エデト酸二ナトリウム,クエン酸,ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル,2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液,1,3-ブチレングリコール,クエン酸ナトリウム,ピロ亜硫酸ナトリウム,ノバラエキス,マヨラナエキス,テンチャエキス,フェノキシエタノール

 

トラネキサム酸(有効成分)

 

今では定番の成分となっていますが、実はこのトラネキサム酸も資生堂が開発した成分なのです。

 

効果としては、メラニンの生成を防ぐ美白効果抗炎症作用などがあげられます。

 

グリチルリチン酸ジカリウム(有効成分)

 

こちらも医薬部外品に使われる定番の成分です。

 

抗炎症作用があり、ニキビや肌荒れを予防してくれます。

 

アクアプレゼンターⅢ(独自成分)

 

  • アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム
  • ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル(アクアインプール)
  • ポリオキシエチレン(17)ポリオキシプロピレン(4)ジメチルエーテル(アクアインプール)
  • 2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液(リピジュア)

 

アクアプレゼンターⅢはこれらの4つの成分を組み合わせた複合成分です。

 

資生堂独自の成分である「アクアインプール」も含まれており、ほかではマネできない成分となっています。

 

独自の保湿成分が肌表面に水の層を作り、水分の蒸発を防ぎながら肌の乾燥状態に応じて水分を送りこむので、肌が常にうるおった状態をキープすることができます。

 

dl-α-トコフェロール2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩

 

水溶性のビタミンCE誘導体。

 

抗酸化作用保湿作用抗炎症作用があります。

 

ニキビに悩む人にとって嬉しい作用が満載の成分です。

 

植物エキス類

 

  • シャクヤクエキス・・・抗炎症作用、血行促進、美白効果
  • ノバラエキス・・・肌の引き締め効果、整肌作用、抗炎症作用
  • マヨラナエキス・・・保湿作用、整肌作用
  • テンチャエキス・・・抗酸化作用

 

その他保湿成分

 

  • DPG・・・保湿作用、抗菌作用もあるため防腐剤を少なくすることができる
  • 濃グリセリン・・・保湿作用、吸水性が高いため、化粧水からクリームまで幅広く配合される
  • ソルビット液・・・保湿効果

 

敏感肌・ニキビに悩む方におすすめ

 

ニキビの原因のひとつとして皮脂の過剰分泌があります。

 

肌の水分が足りていないと保湿をしようと皮脂が過剰に分泌されてしまうのです。

 

「脂性肌だから保湿は必要ない」と思われるかもしれませんが、脂性肌の人こそ保湿が必要なのです。

 

ザ・タイムR アクアは、アクアプレゼンターⅢが保湿を持続してくれるので皮脂の過剰分泌を抑え、テカリやニキビの予防が期待できます。

 

また、オイルフリーノンコメドジェニックテスト済みといった点でもニキビ肌の人におすすめの化粧水です。

 

イプサ ザ・タイムR アクアの使い方

 

  1. 洗顔後、コットンまたは手のひらに500円玉より少し大きめ(2ml)にとる
  2. 顔全体に均等に馴染ませる
  3. コットンの場合は軽くパッティングし、手の平の場合はハンドプレスで肌に押し込むように馴染ませます

 

つけるる順序としては「顔の中心から外側に」です(^-^)

 

手でつけるのとコットンでつける違いは

手のぬくもりで浸透力がアップするけど、均一につきにくい
コットン 均一に伸ばせるけど、摩擦で刺激になる

 

など、それぞれ利点、難点があります。

 

手でつける場合は清潔な手でつける、コットンでつける場合には刺激にならないよう化粧水をたっぷり染み込ませてつけるなどそれぞれに注意が必要です。

 

ザ・タイムR アクアの使用感 30代脂性肌女性が使った感想

 

感触

 

テクスチャーはサラサラとした液状

 

とろみは感じませんが、なめらかで高級感のある肌触りです。

 

香り

 

香りは無臭

 

香りが苦手な人でも安心して使える作りになっています。

 

保湿力

 

私はコットンでつけるのですが、つけた瞬間肌の感触が変わり、きちんと浸透しているのがわかります。

 

使ったあとは肌もっちりですが、べたつきは感じません。

 

肌全体が水分を抱え込んでいるような感覚です。

 

見た目もキメが整い、なめらかになったような気がします。

 

肌触りがなめらかになったことで、ニキビのもととなるザラザラも気にならなくなりました。

 

 

ザ・タイムR アクアのデメリットは?

 

美白効果はあまり感じない

 

ザ・タイムR アクアは「保湿力」「ニキビ予防」をメインに謳っていますが、成分としては美白効果も期待できそうな感じがあるのです。

 

しかし、美白に関しては私はあまり効果を感じませんでした。

 

保湿力が足りないという声も

 

ザ・タイムR アクアは保湿力が売りですが、口コミには「保湿力が足りない」という声もちらほら見受けられます。

 

サラっとしたテクスチャーなので、普段とろみのあるしっとりとした化粧水を使っている人には少し物足りなさがあるのかもしれません。

 

イプサ ザ・タイムR アクアの口コミ評価は?

 

良い口コミ

 

口コミ

コスメでネットより ★★★★★
娘に勧められて使用してみました。すごくいいです。低刺激。優しくすーっと染み込み潤いしっとりするかんじです。20代も50代も満足。一緒に使用しています。


bellcosme.comより ★★★★★
人気の化粧水で気になっていたので、購入しました。ニキビができにくくなった気がします。使い始め少しピリピリした感じがしましたが、今は落ちつき問題なく使用できます。

 

口コミ

コスメでネットより ★★★★★
水のようなのに、しっとり、肌に入ります。潤います。無臭なのも良いです。ボトルの形もかわいいです。リピート決定です。


 bellcosme.comより ★★★★★
1本は必ず持っておきたい化粧水です。水みたいな化粧水なのに、しっかり肌に浸透して潤ってくれるので大好きです。この化粧水に変えてからおでこの小さいぽつぽつニキビが少しずつ消えていきました。

 

悪い口コミ

 

口コミ

bellcosme.comより ☆☆☆★★
ニキビが酷い時に使用、しっとりはしますがニキビに効くかは微妙でした。


コスメでネットより ☆☆☆★★
ワクワクしながら使い始めたが、どうも効果が解らない。テクスチャーはサラサラ、香りもない。化粧水を一度のケアで三種使っているから?と思ってコレ一品にしてみたが、物足りない。アラフィフにはピンと来ない商品でした。

引用:コスメでネットBell Cosme

 

ほとんどの人が高評価をしており、めちゃくちゃ低い評価をしている人はみつけられませんでした。

 

高評価以外では「可も不可もなく」といった意見が多かったように思います。

 

良い口コミまとめ 低刺激、浸透力がある、どの年代にも使える、ニキビができにくくなった、保湿力が高い
悪い口コミまとめ 他の化粧水と変わらない、ニキビへの効果が感じられなかった、良さがわからない、うるおってる感じがしなかった

 

ザ・タイムR アクアは保湿力と有効成分でニキビ予防効果がある

  • イプサは資生堂の子会社として設立されたブランド
  • 有効成分や独自の保湿成分配合
  • 敏感肌・ニキビに悩む方におすすめ
  • 人によっては保湿力が足りない
  • 評価は高いが他の化粧水と変わらないという声もある

 

ザ・タイムR アクアは有効成分や独自の保湿成分によりニキビを予防してくれます。

 

オイルフリーで成分設計も優しいつくりになっているので、ニキビに悩む人や敏感肌の人に対してとても良心的な化粧水です。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ