老化の80%は紫外線が原因!紫外線が肌に与える影響と日焼け止めの選び方

こんにちは、あんな(あんな|レイジーなレディ)です。

 

美容に気を遣っている人であれば、お出かけの時の紫外線が気になりますよね。

 

晴れている日に日焼け対策を忘れてしまうとたった一日でも、「シミになるのではないか」と不安になります。

 

紫外線は、シミの原因になるのはもちろんなのですが、そのほか、しわや乾燥などの原因にもなります。

 

紫外線だけでもさまざまな肌トラブルの原因になるので、美肌のためにも紫外線対策はとても重要なことなのです。

 

スポンサーリンク

太陽が発している光線と肌に影響を与える紫外線の種類

 

太陽はそれぞれ波長の異なるガンマ線、X線、紫外線、可視光線、赤外線を発しています。

 

その中でも紫外線は、紫外線A波紫外線B波紫外線C波の3つの種類に分かれます。

 

その中で肌に影響を与えるのは、紫外線A波紫外線B波です。

 

紫外線A波(UV-A)=長波長紫外線(320~400mm)
紫外線B波(UV-B)=中波長紫外線(280~320mm)
紫外線C波(UV-C)=短波長紫外線(280mm以下)

 

紫外線C波は地上には届かない紫外線です。

 

紫外線B波も一部は地上に届きません。

 

しかし、オゾン層の破壊などにより紫外線B波が増加し、紫外線Cが届くこともあるため注意が必要です。

 

10,800円の高級美容サプリが980円!?【マスターホワイト】

 

紫外線A波(UV-A)、紫外線B波(UV-B)がそれぞれ肌に与える影響とは

 

紫外線によってできたメラニンは、肌にターンオーバーによって排出され、はがれていきます。

 

しかし、紫外線を浴びすぎるとメラニンが残り、日焼けやシミになり、皮膚ガンになることもあります。

 

生活紫外線UV-Aが肌にもたらす影響

 

UV-Aは、日常生活を送る中でも自然と浴びている紫外線で、洗濯ものを干すときや窓越しで長時間太陽の光を浴びているときにも浴びている紫外線です。

 

紫外線A波(UV-A)は、紫外線の約9割を占め、真皮中層にまで到達します。

 

メラノサイトを活性化し、サンタンを起こしたり、肌のうるおいを保つコラーゲン繊維やエラスチン繊維を変性させ、しわ・たるみの原因にもなります。

 

サンタンとは

 

日焼けで皮膚が黒くなることをいいます。

 

主にUV-Aによるもので、紫外線照射中、直後からすぐに黒くなる即時型黒化、照射量によっては数か月持続する遅延型黒化があります。

 

サンタンは、紫外線から皮膚を守るための自然のサンスクリーンです。

 

レジャー紫外線UV-Bが肌にもたらす影響

 

エネルギーが強く、空気中の水分に吸収されますが、散乱性が強いため、いろいろな方向から降り注いできます。

 

主に表皮に影響を与え、直接的に細胞の遺伝子を傷つけます。

 

日焼けを起こすサンバーンやサンタン、シミ・そばかすになることも。

 

また、角化のリズムを乱し、肌がごわついたり、角層中の水分が減少し、肌荒れを起こしたりもします。

 

サンバーンとは

 

日焼けで皮膚が赤くなることをいいます。

 

UV-Bによるもので、紫外線を浴びた部分が赤く炎症を起こし、ひどいときには水泡になることもあります。

 

サンバーンは、紫外線を浴びてから8~24時間の間にピークに達し、数日間炎症が続きます。

 

サンバーンによる日焼けは、皮膚の遺伝子にも影響を与え、繰り返すと皮膚ガンになることもあるので、注意が必要です。

 

季節や天気による紫外線量の違い!雪や雲が与える影響

 

季節によるUV-A、UV-Bの量の違い

 

UV-Bは7、8月の夏の間が一番強く、冬になるとその量は一気に減少します。

 

UV-Aは4月~9月まで強い時期が続き、冬になっても半分程度にしか減りません。

 

UV-Aは1年の変動が少なく、年間を通して注意が必要です。

 

kananala02

あんな

日焼け止めは、夏だけでなく年間を通して必需品!

 

天気によるUV量の違い

 

快晴時を100としたときの天気ごとの紫外線の量をみていきます。

 

  • 快晴・・・100
  • 晴れ・・・80~90
  • 曇り・・・60
  • 雨・・・30

 

紫外線の強さは天気や季節だけでなく、地域、時間、環境、標高にもよるので、曇りの日でも太陽の真下に雲がなければ、晴れの日と同じくらい紫外線が注ぐので、注意が必要です。

 

さまざまな方向から降り注ぐ!紫外線の注ぎ方3つ

 

紫外線はまっすぐ注ぐものほこりやちりに反射されたもの地面に反射されたものの3つがあります。

 

快晴時の正午ではUV-Bの反射率が全体の50~60%にものぼるので、日陰にいても散乱により、紫外線を浴びることになります。

 

地面の状態による紫外線の反射率の違い

 

  • 新雪・・・80%
  • 砂浜・・・10~25%
  • 水面・・・10~20%
  • アスファルト・・・10%
  • 草地・・・10%以下

 

また、紫外線は標高1000mごとに10%、緯度が低くなるほど増加します。

 

日傘に最適なのは黒か白か?

日傘に最適な色は「黒」です。
黒は紫外線を吸収する効果があります。
サンタンも皮膚を守るために肌を黒くするのです。
白は紫外線を乱反射させるため、日傘を貫通して皮膚に紫外線が降り注ぎます。
紫外線は目にも注ぐので、日差しが強いときはサングラスでの紫外線対策も必要です。

 

10,800円の高級美容サプリが980円!?【マスターホワイト】

日焼け止めのSPF、PAと日焼け止めの選び方

 

UV-A、UV-Bなどの紫外線を防ぐ力を数値で表したものを「サンケア指数(SPF、PA)」といいます。

 

SPF

 

SPFはSun Protection Factorの略でUV-Bの防止効果を表しています。

 

ヒリヒリする日焼け(サンバーン)を起こすまでの時間を何倍に伸ばせるかの目安です。

 

日本人の場合、日焼け対策をしない状態で真夏の砂浜にいると約25分でサンバーンを起こすと言われています。

 

時間は肌の色によって個人差があり、色白の人で約20分、色黒の人で約30分でサンバーンを起こすと言われています。

 

例えば、日本人がSPF24の日焼け止めを使うと何も日焼け対策をしなかったときの24倍の時間、サンバーンを防ぐことができるということです。

 

例:25分×SPF24=600分=10時間

 

PA

 

PAとは、Protection Grade of UV-Aの略でUVAPF(UVA Protection Factor of a Productの略)値を目安に+の数でUV-A防止効果を表したものです。

 

UV-Aを浴びたあと、2~24時間に生じる皮膚の即時黒化を指標したもの。

 

分類表示 効果の度合い UVAPF
PA+ 効果がある 2以上4未満
PA++ かなり効果がある 4以上8未満
PA+++ 非常に効果がある 8以上16未満
PA++++ 極めて高い効果 16以上

 

UVAPF=製品を塗った皮膚がすぐに黒くなる紫外線A波の量÷製品を塗らない皮膚がすぐに黒くなる紫外線A波の量

 

肌や環境に合わせて適切な日焼け止めを選ぶ方法

 

環境や肌タイプによって日焼けの度合が変わってくるため、日焼け止めの指数を見て、自分に合った日焼け止めを選ぶことが大切です。

 

  • 海外リゾートなど紫外線が極めて強い場所・・・PA++++、SPF50以上
  • 海や山などレジャーシーン・・・PA++以上、SPF30以上
  • 屋外での軽いスポーツ・・・PA++以上、SPF20以上
  • 買い物など日常生活・・・PA+以上、SPF10以上

 

紫外線対策は美肌への近道

 

紫外線はシミだけでなく、しわ・たるみなどあらゆる肌トラブルの原因になります。

 

老化の80%は紫外線によるものといわれるくらい強い影響力があります。

 

紫外線対策をすることが美肌への近道と言っていいくらいなので、怠らずしっかりとしていきましょう。

 

10,800円の高級美容サプリが980円!?【マスターホワイト】

ブログランキング・にほんブログ村へ