泡立て不要のジェル洗顔料で朝洗顔を時短!LAGOM(ラゴム)ジェルトゥウォータークレンザーの使い方

こんにちは、あんな(あんな|レイジーなレディ)です。

 

この記事では、ラゴム ジェルトゥウォーター クレンザーの使い方を説明していきます。

 

  • ジェルトゥウォータークレンザーはジェルだけどどうやって使うの?
  • どれくらいの量を使えばいい?
  • 朝用洗顔料だけど夜も使っていい?
  • ジェルトゥウォータークレンザーで本当に洗顔ができるの?

 

ラゴムの洗顔料を使ったことがない方には、このような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

私もジェルタイプの洗顔料を使うのは初めてだったので、最初はこのような疑問と不安でいっぱいでした。

 

しかし、実際に使ってみると普通の洗顔料と同じようにきちんと洗顔をすることができました。

 

この記事では、ジェルトゥウォータークレンザーを実際に使ってみた私が使い方や使用感について書いていきます。

 

以下、4つのポイントを私の感想を交えて書いていきます。

 

  • ジェルトゥウォータークレンザーの使い方
  • ジェルトゥウォータークレンザーを使うときのポイント
  • ジェルトゥウォータークレンザーを夜使う場合
  • ジェルトゥウォータークレンザーを実際に使ってみた感想

 

実際の使用者の感想を聞くことで、安心して使うことができるかと思うので、是非参考にしてください♪

 

 

スポンサーリンク

ラゴム ジェルトゥウォータークレンザーの使い方

 

  1. さくらんぼ大を手に取る
  2. 乾いた状態の顔全体に伸ばす(目元口元は避けて)
  3. 軽くマッサージするように顔の皮脂や汚れを浮かしていく
  4. ぬるま湯で洗い流す
  5. タオルで抑えるように水気をふき取る
  6. いつものスキンケア

 

ジェルタイプなので泡立てる手間がなく、そのまま洗顔をすることができます。

 

使用量はさくらんぼ大とありますが、顔の大きさや汚れの状態によって個人で量を調整してみてください。

 

ラゴム ジェルトゥウォータークレンザーを使う際のポイント

 

必ず乾いた状態の肌に使うこと

 

普通の洗顔料だと少し肌を湿らせたくらいが泡馴染みが良くてしっかり洗える感じがしますが、ジェルの場合は必ず乾いた状態の肌に使うようにしましょう。

 

濡れた状態だと洗浄力が弱まってしまい、本来の洗浄力を発揮できなくなってしまいます。

 

洗顔時間は15秒~30秒

 

朝の洗顔時間は15秒~30秒がベストです。

 

朝は寝ている間に分泌された皮脂や汚れを取り、スキンケア馴染みをよくするために洗顔をします。

 

夜はそれに加え、メイク残りや大気汚染の汚れがあるので、これより少し長い時間洗顔する必要があります。

 

洗い流すときは32~34℃のぬるま湯で

 

洗い流すときのお湯の温度は32~34℃がベストです。

 

熱すぎると余分な皮脂を奪ってしまい皮膚への刺激になりますし、冷たすぎると毛穴が引き締まり、汚れが流しにくくなります。

 

皮膚への刺激を防ぎ、汚れをしっかり落とすためには、32~34℃のぬるま湯で流すようにしましょう。

 

タオルで顔を拭くときは押さえるように

 

タオルで顔を拭くときはゴシゴシこすらずにタオルで顔を押さえ、水分を吸収させるようにしましょう。

 

ゴシゴシこすると肌への刺激になり、肌荒れの原因となってしまいます。

 

洗顔後はすぐにスキンケアをすること

 

ラゴムのジェルトゥウォータークレンザーは水分保持力に着目しているので、そこまでツッパリ感を感じることはありません。

 

しかし、それでも洗顔後の肌は乾きやすくなっているので、すぐにいつものスキンケアをすることが大切です。

 

「乾いた肌に使う」ということ以外は他の洗顔料を使うときにも言えることなので、普段から心掛けておくことが大切です。

 

ジェルトゥウォータークレンザーは朝用洗顔料だけど、夜も使える?

 

ラゴムのHPをみてみると

夜も、軽いメイク落としとしてお使いいただけます。

引用:LAGOM公式

 

とあります。

 

どれくらいのメイクなら落とすことができるのか、実際に試してみました。

 

上からファンデーション、マスカラ、アイブロウ、アイライナー、アイシャドウ、リップの順に塗ってみました。

 

 

これをジェルトゥウォータークレンザーで落としていきます。

 

15秒洗った時点でファンデーション、アイブロウ、アイシャドウはほぼ消えてます。

 

 

マスカラ、リップはしぶといですが、ウォータープルーフのアイライナーもうっすら消えかかっています。

 

1分近く洗い続けるとアイライナーもほとんど見えなくなりました。

 

 

リップもかなり薄くなっています。

 

最終的に洗い流すとこんな感じになりました。

 

 

ジェルタイプの洗顔料なので、勝手に「洗浄力は弱いもの」と決めつけていましたが、メイクでもこれだけ落とすことができました。

 

もちろん「軽い」メイク落としとして使えるだけなので、これだけで済ませてしまうと肌によくありません。

 

しかし、ジェルトゥウォータークレンザーがどれだけの洗浄力かというのはわかっていただけたかと思います。

 

夜にメイク落としとして使う場合には、ウォータープルーフでない化粧品や「洗顔料でオフできる」などの記載があるものであれば落とすことが可能です。

 

 

ジェルトゥウォータークレンザーを実際に使ってみた感想

 

泡立ての手間がいらないから楽

 

朝洗顔が面倒な理由って「泡立て」だと思うのですが、ジェルトゥウォータークレンザーはジェルタイプなのでチューブから出してそのまま使うことができます。

 

泡立てがないだけで朝の洗顔がだいぶ気楽になるので、精神的にとても楽です。

 

ジェルだけど普通の洗顔料と変わらない頼もしい洗浄力

 

始めは「ジェルで本当に洗顔できるのだろうか?」と不安だったのですが、洗い終わってみると肌のざらつきが取れ、肌の色もワントーンアップしたように思います。

 

見た目はただのジェルなのにこんなにさっぱりとした洗いあがりなのが驚きでした。

 

洗顔後もうるうる感持続

 

ジェルなので見た目からしてうるおいをもたらしそうですが、期待を裏切らない保湿力でした。

 

洗顔後のつっぱりもなく、日中も肌のみずみずしさが持続します。

 

肌のみずみずしさはあってもべたつきはなく、水分でうるおっている感じです。

 

肌がなめらかになった

 

水分量保持力効果で皮脂の分泌量が減ったのか?ざらつきが減り、肌がなめらかになった気がします。

 

洗顔料ですがまるでスキンケア用品のような使用感です。

 

ポイントを押さえれば普段と変わらない洗顔を簡単にすることができる

 

  • 乾いた肌に使う
  • 泡立て不要でマッサージするように洗顔するだけ
  • 夜は軽いメイク落としに使える

 

ジェルトゥウォータークレンザーを使うときには「乾いた肌に使う」というところに注意しましょう。

 

あとは、泡立て不要で他の洗顔料と同じように洗顔をすることができます。

 

ジェルタイプですが洗浄力もなかなかなので、べたついた寝起きの肌もさっぱりとしてくれます。

 

軽いメイク落としとしても使えますが、しっかり落とすためにメイク落とし用のクレンジング剤を使うようにしましょう。

 

関連記事

こんにちは、あんな(あんな|レイジーなレディ)です。   私はファンケルマイルドクレンジングオイルを使って1年ほどになります。   ずっとクレンジングに満足いってなかった私ですが、マイルドクレンジ[…]

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ