iPad対応キーボード・マウスレビュー、使い方と口コミ

こんにちは、あんな(あんな|レイジーなレディ)です。

 

先日、iPad用のキーボードマウスを買いました。

 

外で作業するときにiPad用のキーボードとマウスがあったら便利ですよね。

 

実際に使ってみたらすごく便利だったので、今日は皆さんに紹介していきたいと思います。

 

この記事の内要

  • iPad対応キーボード・マウスの使い方
  • iPad対応キーボード・マウスのメリット
  • 口コミ

 

スポンサーリンク

iPad mini 4のキーボードとマウスのご紹介

せっかくなら可愛いのがいいと思い、キーボードもマウスもピンクで揃えました。

 

Amazonや楽天で探すと可愛いキーボードがたくさんあるのですが、中にはきちんと動かないものもあるみたいなので、口コミ評価などを見て信頼できるものを買いました。

 

ちなみに私が買った商品は問題なく動いています。

 

マウスはiPad対応のものとそうでないものがあるので、注意して買う必要があります。

 

↓↓↓私の購入品↓↓↓

 

 

 

iPad mini 5/4対応 キーボードケース

iPad用のキーボードには、キーボード単体や折り畳み式のキーボードなどがありますが、私はCOOというブランドのケース付きのキーボードにしました。

 

Amazonで2960円で購入しました。

 

ケース付きだとiPadと一体化にして持ち運びできるので便利です。

 

内容

  • iPadケース
  • キーボード
  • 充電器
  • 説明書

 

可愛いピンクレザー

ケースの外側は可愛いピンクレザーのデザインになっています。

 

厚みがあって頑丈なカバーです。

 

色違いでブルー、ブラック、ネイビー、レッドがあるので、好きなものから選ぶことができます。

 

iPadはめ込み部分は着脱しやすいシリコンタイプ

iPadをはめ込むところはシリコンタイプ。

 

くにゃっと曲がるので、iPadをすんなりはめ込むことができます。

 

キーボードは磁石で簡単着脱

キーボードは磁石なので簡単に着脱ができます。

 

移動も自由自在なので、画面が見やすい角度にキーボードを設定することができます。

 

充電の時はキーボードだけ取り外して充電できるので、置き場所にも困りません。

 

キーボードはMac、Android、Windowsに対応

使う前に適切なシステムに切り替えをする必要があります。

 

Mac FN+Mac
Android FN+Android
Windows FN+Windows

 

この辺もすべて説明書に書いてあるので、困ることはありません。

 

電池持ちが長い

 

説明には「2,3時間の充電で90日間連続動作が可能」とあります。

 

少しカフェで作業するには十分な充電量です。

 

実際に私もカフェで6時間くらい作業することがありますが、充電が切れることなく最後まで使うことができます。

 

キーボードカバーがついている

キーボードにカバーがついているので、手垢やほこりで汚れる心配がありません。

 

kananala02

あんな

私は汚れが気になるので、このようなカバーはつけたまま使うタイプなのですが、皆さんはどうですか?

 

kananala02

あんな

この価格でこのような細かい付属品がついていると個人的にはすごくありがたいです。

 

iPadとキーボードを接続する方法

 

iPadとキーボードを接続する方法

  1. Bluetoothで接続するタイプなのでiPadの「設定」からBluetoothをオンにします
  2. キーボードの電源もオンにして、横の「CONNECT」を押します
  3. しばらくするとiPadの方に「接続済み」と出るので、そうしたら完了です。

 

すでに、他の機器をBluetoothで接続していると「このアクセサリを使用すると、Wi-FiおよびBluetooth接続に影響する場合があります。」と表示されますが、そのまま接続しても大丈夫です。
詳しくはこちら→https://support.apple.com/ja-jp/HT211009

 

iPad用キーボードの口コミを見ていると

 

  • 接続されない
  • 説明書が外国語で使い方がわからない

 

などの声があったので、これは大丈夫かな?とドキドキしながら接続したのですが、何も問題なく接続することができました。

 

説明書もちゃんと日本語です。

 

キーボードの充電方法

キーボードは充電式です。

 

キーボードの充電方法

  1. キーボードの横に充電器の差込口があるので、そこに付属の充電器を差し込んで充電します。
  2. 充電が始まると「Charge」という部分が赤く光り、充電が完了するとランプが消えます。

 

充電器はコードは付いているのですがソケットは付いていないので、コンセントで充電する場合は、ソケットを用意する必要があります。

 

充電器のコードはUSBタイプになっているので、パソコンにつないで充電することも可能です。

 

iPadとキーボートは装着した状態で持ち運びができる

 

iPadとキーボードは装着した状態でたたむことができるので、持ち運びにも便利です。

 

注意:購入の際は型番の確認が必要

出典:Amazon

 

注意:iPad mini4/5専用キーボードですが、型番によっては使えないものもあるので、事前に型番を確認しておく必要があります。

 

対応している型番

iPad 型番
iPad mini5(2019) A2124  A2125  A2126  A2133
iPad mini4 A1538  A1550

 

iPad用キーボードのデメリット

 

持っているに越したことはないですが少し不便な点もあるので、併せて紹介していきたいと思います。

 

キーボードが小さく、タイプミスが目立つ

 

コンパクトなサイズなので、タイピングがしにくいかもしれません。

 

ボタンの範囲やキーボードの大きさが小さく、タイプミスもしやすくなりますが、慣れれば問題ありません。

 

iPad対応キーボードの口コミ

良い口コミ

Amazonのお客様
このレビューもキーボードから書いてます。
接続は非常に簡単で逆に本当に接続されてるの?と思っちゃいました。
使いやすさはやはりEnterキーが小さいかも、なれるまで。
軽さが1番のネックだけどその分しっかりしているので、これも慣れでしょう。

この値段で今満足度は今年一番の買い物です!


Amazonのお客様
ipad miniを手帳として持ち歩くために購入しました。
結果として、とても満足しています。
携帯性は少し重くなりますが、Apple Pencilも携行でき、必要な時はbluetoothのキーボードも使えて
とても便利ないい商品だと思います。

 

悪い口コミ

Amazonのお客様
初日に壊れました。

最初に少し充電した状態で一度だけ電源が入り、Bluetoothに繋がりましたが、その後更に充電したら、電源も入らずBluetoothも繋がらなくなっていました。
何がいけなかったのか…ショックです。


Amazonのお客様
取扱説明書が余りに不親切。ローマ字入力へ、英文字への切り替え、変換方法をきちっと明記していないと、勝った人は皆困るでしょう。この点は絶対に改善するべき!

引用:Amazon

 

 

iPad対応マウス

マウスにはiPad対応とそうでないものがあるので、良く調べてから買う必要があります。

 

私が購入したものは、LogicoolのPebble M350ROという商品です。

 

Amazonで2780円で購入しました。

 

ワイヤレスタイプで、色はホワイト、グラファイト、ローズの3色から選ぶことができます。

 

内容

  • マウス
  • ワイヤレスレシーバー(USB)
  • 単三乾電池(装着済み)
  • 説明書
  • 保証書

 

ワイヤレスレシーバー(USB)はマウスの中に収納されています。

 

 

マウス内に収納スペースがあるので、持ち運びに困ったり、なくす心配もありません。

 

デザインが平べったい

 

マウスって手にフィットするようにこんもり盛り上がったデザインの物が多いですが、このマウスは薄っぺらくてスリムなデザインになっています。

 

「平べったいと持ちにくくて手が疲れるのでは?」と思いましたが、意外と手が痛くなることもありません。

 

BluetoothでもUSBでもつなげる

 

BluetoothでもUSBでもつなぐことができるので、パソコンでもiPadでも使うことができます。

 

iPadとマウスを接続する方法

  1. iPadのBluetoothをオンにします
  2. マウスの裏のBluetoothのスイッチを押します
  3. iPadの方で「接続済み」の文字がでたら完了です

 

Bluetooth対応システム

Windows 8以降
macOS 10.10以降
iPadOS 13.1以降
ChromeOS
Android 5.0以降
Surface

 

USBレシーバー対応システム

Windows 7以降
macOS 10.10以降
ChromeOS

LogicoolのPebble M350ROの口コミ

良い口コミ

Amazonのお客様
私が感じた特徴は下記の2点です。

①薄型でシンプルなデザイン
→慣れるまでマウスが低いと感じるかも。手首の置き場があるマウスパットを使っている人は特に。
高級感はありませんが、デザインはシンプルで好きです。

②クリック音が低め(カチカチではなくポクポクといった感じ)
→現在所有してる物より静かでした。図書館等、公共の場で使う時に良いかもしれません。


Amazonのお客様
名前の通り川辺の石ころのようなぱっとしないデザインですが単3電池1個で動作するしおまけのUSBドングルも内蔵出来て美しさはありませんが実用的で悪くないです。最大の評価ポイントはボタンのクリック音が「しない」事で図書館や静かな事務所で使う時に周囲に気兼ねなくマウスを使えるのが大変良いです。大昔はクリック音(の質)がある種のステータスだったけれど「不寛容な人達」が多い昨今ではこの手の「無音機器」が重宝されるのではと考えます。安価で実用的且つ無音で白・黒バリエーションがある点を評価します。

 

悪い口コミ

Amazonのお客様
マウスポインタの動作がカクカクです。おかしいと思い、手持ちのLogicoolのM557を同じノートPCにつないだところ何の問題もなくスムース。そこで、付属のUSBで再度つなぐとスムース。なのでBluetoothのLEの問題かと思われるが、公式Webページにも、幾ら検索しても搭載Bluetoothの詳細が見つからず。情報無しで売ってはダメでは?ちなみにノートPCは買ったばかりの新品DELL Inspironで、802.11ac 1×1 WiFi & Bluetooth 4.1 。重要な情報なので、普段コメント書かないが、今回は他の人にとって役に立てばと。


Amazonのお客様
左右クリックは静音で問題ないのですが、ボディのプラスチックと共鳴するのか、スクロールホイールを回すたびに大き目な音がします。静音タイプなのにまったく意味なし…。せっかく買ったのにしょっく。

引用:Amazon

 

 

iPad用キーボード、マウスを買っての感想

 

  • 持ち運びが便利
  • 低価格
  • デザインが豊富

 

パソコンだと持ち運びが大変ですが、iPadだとカバンにしまって持ち運びができるので、外で作業をしたいときは、iPad用のキーボードとマウスがあると便利ですよね。

 

ガジェット品なのでもう少し高いかなと思いましたが、こんなに安く買えてびっくりです。

 

デザインが豊富で可愛く揃えられますので、女性も楽しく使うことができます。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

ガジェットの最新記事8件