皮膚の構造と仕組みから学ぶ!美しい肌に必要なこと。

こんにちは、あんな(あんな|レイジーなレディ)です。

 

闇雲にスキンケアをしていても肌の調子は良くならないですよね。

 

おすすめのスキンケア用品が紹介されているブログなどはたくさんありますが、おすすめなものを使ったからと言って、肌の調子がよくなるわけではありません。

 

肌の調子をよくするためには、自分の肌の悩みや皮膚の構造について知ることも大切です。

 

この記事では、皮膚の構造や仕組みについて書いて行きますので、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

【皮膚の構造】皮膚の成り立ちを断面図で解説

 

成人の一般的な皮膚の割合皮膚の面積:約1.6m
厚さ:約2.0mm(表皮:約0.2mm 真皮:約1.8mm)
重さ:体重の約16%

 

皮膚は上から表皮、真皮、皮下組織の3層に分けられています。

 

肌の色は、これらの血管脂肪色素などで決められています。

 

表皮

 

目に見える一番外側の部分。

 

外からの刺激から身体の内部を守ってくれる役割があります。

 

真皮

 

3層の中で一番厚く、たくさんの器官が集まった部分。

 

皮膚のハリや弾力を保つための重要な細胞(コラーゲン線維、エラスチン線維、線維芽細胞など)が集まった部分です。

 

よく、化粧品のCMなどで「真皮まで届く」というセリフを聞きますが、それは真皮に肌の弾力やハリを保つための重要な役割があるからです。

 

皮下組織

 

皮膚の一番下の部分。

 

脂肪を蓄える働きがあり、全体のクッション的な役割を果たします。

 

美肌の決め手!皮膚表面の仕組みと働き

 

美肌の特徴

  • 皮溝の幅が狭い
  • 浅すぎず、適度な深さの皮溝

 

若い人ほどキメが細かく、一般的に男性よりも女性の方がキメの細かい皮膚をしています。

 

毛孔

 

毛が生えてくるための穴。

 

皮溝が交差しているところにある。

 

汗孔

 

汗が出てくるための穴。

 

皮丘の中心にひとつずつある。

 

皮丘

 

皮溝に囲まれ、ひし形や四角に皮膚が盛り上がっているところ。

 

皮溝

 

皮膚表面にある細かい溝。

 

皮溝の幅、深さが美肌の決め手となります。

 

表皮の構造と仕組み

 

皮膚は大きく3つの層に分かれると説明しましたが、その中の一番上にある表皮もさらに角層、顆粒層、有棘層、基底層4つの層から成り立っています。

 

kananala02

あんな

たった0.2mmほどの厚さでこれだけ細かく構成されているなんてすごい

 

角層

 

表皮の一番上にある部分で、10~20の角層細胞から成り立っています。

 

角層にはNMF(天然保湿因子)細胞間脂質などのバリア機能があり、これらのバリア機能が皮膚のうるおいを保ってくれます。

 

また、角層は汗や皮脂でできた皮脂膜でおおわれており、皮脂膜が皮膚を外界の刺激から守ってくれます。

 

NMF(天然保湿因子)
アミノ酸が主な成分であり、その他PCA(ピロリドンカルボン酸)、乳酸ナトリウム、尿素などの保湿成分から成り立ったもの。

 

細胞間脂質水と馴染みやすい部分(親水基)と、油と馴染みやすい部分(親油基)を持つ細胞間脂質が規則正しく並び、さらに水分と油分が何層にも重なり(ラメラ構造)、強力なバリア機能と水分保持機能を果たしている。

 

顆粒層

 

角層の下にあるもので、ターンオーバーにより、角層に変化します。

 

顆粒に含まれるタンパク質が角層で分解され、生成したアミノ酸が天然保湿因子の主成分となります。

 

有棘層

 

顆粒層の下にある部分です。

 

有棘細胞の表面には多くの突起がみられ、細胞と細胞が棘で結ばれているようにみえます。

 

ランゲルハンス細胞があるところです。

 

ランゲルハンス細胞
皮膚に異物が侵入すると、リンパに伝えてアレルギー反応を起こし、侵入被害を取り除く働きをする

 

基底層

 

表皮の一番下の部分です。

 

新しい角化細胞を生み出すところで、メラニンのもととなるメラノサイトもここにあります。

 

メラノサイトメラニンが作られる場所。
肌が刺激を受けると「メラニンをつくれ」という指令をメラノサイトへ伝え、酵素チロシナーゼが活性化する。

 

 

酵素チロシナーゼがチロシンをドーパキノンへ酸化させ、ドーパキノンは自動的にメラニンとなる。

 

【メラニンは紫外線から肌を守ってくれる】

日焼けをすると皮膚に炎症がおき、酵素チロシナーゼが活性化します。
これにより、メラノサイトで作られたメラニンが皮膚を黒褐色にし、紫外線を遮断します。
メラニンは紫外線から皮膚を守るための役割を果たしてくれているのです。

 

kananala02

あんな

黒は紫外線を通しにくいので、日傘など日焼け防止グッズも黒を選ぶのがおすすめです。

 

肌の水分蒸発を防いでくれる「皮脂膜」

 

肌がうるおいをキープできるのは肌本来の力だけではありません。

 

肌の表面にできた汗と皮脂からなる「皮脂膜」も重要な役割を果たしています。

 

皮脂が肌のバリア機能を果たし、汗が肌に直接水分を補給する役割を果たしています。

 

肌の調子をよくするためには、皮脂と汗をバランスよく保つことが大切です。

 

【皮脂の成分】

トリグリセリド・・・41%
ワックスエステル・・・25%
脂肪酸・・・16.4%
スクワレン・・・12%
ジグリセリド・・・2.2%
コレステロールエステル・・・2.0%
コレステロール・・・1.4%

 

皮膚の仕組みを知ることで、スキンケアの意味を知る

 

少し専門的なことになりますが、皮膚の仕組みを知ることでスキンケアがどんな意味を果たしているのか、自分にはなにが必要なのかがわかるようになってきます。

 

より美しい肌を手に入れるためには、皮膚の構造や仕組みから知ることが大切です。

 

関連記事

こんにちは、あんな(あんな|レイジーなレディ)です。   今日は、前回の記事の続きです。   [sitecard subtitle=関連記事 url=https://lazy-lady.com/h[…]

 

ブログランキング・にほんブログ村へ