美肌のために知っておきたい!自分の肌タイプと見分け方

こんにちは、あんな(あんな|レイジーなレディ)です。

 

「美肌になりたい!」と思って、闇雲に人気の化粧品を使ってみてもなかなか肌の調子はよくなりません。

 

間違ったスキンケアをすることで、余計に肌の状態が悪化することも・・・

 

美肌になるためには、自分の肌タイプを知って自分の肌や肌トラブルに合ったスキンケアが必要です。

 

この記事では、肌タイプの種類と見分け方について書いていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

季節によっても変わる!自分の肌タイプをチェック

肌のタイプは基本的に4つに分けられますが、季節、身体の健康状態やストレスによってその都度変わってきます。

 

今の自分の肌状態を観察して、自分がどの肌タイプに分類されるか調べてみましょう。

 

普通肌

 

皮脂が少なくて水分が多い肌です。

 

肌状態がよく、いろいろな化粧品を試すのに適しています。

 

脂性肌

 

皮脂も水分も多い肌です。

 

全体的にうるおいがあるが、べたつきやすい肌です。

 

【気になる部分】Tゾーン、頬、あごなど

 

乾燥肌

 

皮脂も水分も少ない肌です。

 

全体的にカサついて荒れやすい肌です。

 

【気になる部分】額、目元、口元など

 

混合肌

 

ほとんどの人がこれに当てはまるのではないでしょうか。

 

部位によって肌状態が違う肌です。

 

Tゾーンは脂っぽいのに頬はカサつくなど、脂性肌、乾燥肌両方の特徴を持ち合わせています。

 

【気になる部分】Tゾーン(脂っぽさ)、目元・口元(乾燥)

 

肌タイプチェック

 

<水分の少なさ>

 

  • 日中、頻繁に肌が突っ張る
  • 口や目の周りが乾燥しやすい
  • 化粧をしたら肌が粉っぽくなる
  • 肌のキメは細かい方だ

 

<皮脂の多さ>

 

  • 日中、肌のテカリが気になる
  • 油取り紙で頻繁に皮脂を取らなければいけない
  • 化粧がくずれやすい
  • 頬の毛穴が大きく目立っている
  • 額や頬によくニキビができる

 

オルビスのセルフスキンケアチェック



 

オルビスのセルフスキンケアチェックを受けると皮膚科学から分析したアドバイスシートと肌タイプに合ったスキンケアサンプルが無料でもらえます。

 

【プレゼント内容】

  • アドバイスシート
  • スキンケア3ステップサンプル(洗顔料・化粧水・保湿液)

 

 

kananala02

あんな

14の質問に答えるだけで、現在の肌状態やおすすめのスキンケアなどを詳しく教えてもらえます。

 

 

美肌に近づくために知っておきたい肌タイプ別スキンケア

脂性肌

 

特徴

 

水分も皮脂も多く、ベタつきが気になる肌です。

 

詰まり毛穴、開き毛穴、ニキビができやすい。

 

お手入れ方法

 

朝晩の洗顔とクレイ系のマスクや洗顔で皮脂を抑えるのがおすすめです。

 

関連記事

こんにちは、あんな(あんな|レイジーなレディ)です。   最近、鼻の詰まり毛穴が気になって「どうにかならないかな?」と悩んでいました。   鼻の詰まり毛穴は、主に皮脂や古い角質などが詰まってできた[…]

 

普通肌

 

特徴

 

水分と皮脂のバランスが整っていて、ニキビなどのトラブルが少ない肌です。

 

お手入れ方法

 

肌の状態が整っているため、新しい化粧品や基礎化粧品を使うのに向いています。

 

乾燥肌

 

特徴

 

水分も皮脂も少ない肌です。

 

毛穴が目立たず、キメの細かい肌だが、乾燥しやすい。

 

お手入れ方法

 

油分も水分もバランスよく、十分に補給することが大切です。

 

混合肌

 

特徴

 

Tゾーンは脂っぽく、頬は乾燥している肌です。

 

お手入れ方法

 

Tゾーンは乳液控え目、頬は乳液やクリームでしっかり保湿するなど箇所によってスキンケアを変えることが大切です。

 

敏感肌

 

敏感肌には、始めから化粧品が合わない敏感肌の人と気候や体調によって化粧品が合わなくなる自称敏感肌の人がいます。

 

「自分は敏感肌だ」と感じている人の50%~70%の人が「自称敏感肌」と言われいています。

 

「自分は敏感肌なのかわからない」という人は、以下の項目をチェックしてみてください。

 

(当てはまるものが多い程、敏感肌の可能性が高くなります。)

 

敏感肌チェック項目

  • 乾燥:肌が乾燥するとひりひりしたり、かゆくなったりしやすい
  • 誤ったスキンケア:ピーリングを定期的んい行っており、その後、肌が赤くなる
  • 物理・科学的刺激:汗をかくと、肌がかゆくなる
  • 物理・科学的刺激:化粧品を変えると、肌が赤くなったり、しみたり、かゆくなったりしやすい
  • 接触皮膚炎の原因物質:花粉や動物の毛などに対してアレルギーを持ったり、ぜんそく、アトピー性皮膚炎と診断されたことがある
  • 皮脂分泌の低下:冬場になると肌が乾燥し、粉をふくこともある
  • ストレス:最近ストレスが過多だと感じる
  • 体調:睡眠時間が足りていない
  • 体調:外食が多く、野菜をあまり食べていない
  • 季節変化:季節の変わり目になると、肌が荒れやすい
  • 紫外線:日光に当たっただけで、赤い湿疹ができたことがある
  • 生理:生理前後で肌荒れを起こしやすい

 

 

季節によって異なる!季節ごとの肌状態を知っておこう

 

肌の特徴

 

花粉や強風によるほこり、気温の不安定さ、新生活のストレスから肌が敏感になります。

 

スキンケア

 

外気の汚れをしっかりと落とし、肌のバリア機能を整えるために保湿を心掛けます。

 

 

肌の特徴

 

汗の量が増え、ニキビや化粧崩れが気になります。

 

日焼け、シミ、そばかす、ごわつきなど紫外線から受けるダメージが気になる季節です。

 

スキンケア

 

日焼け止めによる肌の保護が大切です。

 

また、紫外線により水分も不足しがちなので、保湿も心掛けます。

 

 

肌の特徴

 

目元、口元の乾燥が気になる季節です。

 

スキンケア

 

夏のダメージを引きずりやすい部分に美白・保湿ケアを心掛けます。

 

 

肌の特徴

 

肌が乾燥し、肌荒れ、しわが気になる季節です。

 

スキンケア

 

乾燥対策のため、十分な保湿を心掛けます。

 

また、血行不良対策のため、マッサージをすることも大切です。

 

自分の肌タイプを知り、適切なスキンケアを

肌タイプは一生同じというわけではありません。

 

季節や生活環境によっても変わってくるので、その都度チェックし、その時の肌に合ったスキンケアをすることが大切です。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ