ファンケルのクレンジングに含まれる界面活性剤は?界面活性剤はクレンジングに必要不可欠

こんにちは、あんな(あんな|レイジーなレディ)です。

 

界面活性剤と聞くと「刺激が強くて肌によくない」というイメージがあるかもしれません。

 

ファンケルのクレンジングにも界面活性剤が含まれていますが「肌に影響がないだろうか」と不安になる方も多いかと思います。

 

結論からいうと界面活性剤が含まれていてもほとんど問題がありません。

 

界面活性剤は刺激の強いものから弱いものまであり、クレンジングオイルに使われている界面活性剤は低刺激で肌に優しいものです。

 

また、ファンケルのマイルドクレンジングオイルは界面活性剤以外の部分でも洗浄機能を高める工夫をしているので、洗浄機能が高い=界面活性剤がたくさん含まれているということではありません。

 



 

 

スポンサーリンク

ファンケル マイルドクレンジングオイルに含まれている界面活性剤

 

エチルヘキサン酸セチル、ジイソノナン酸BG、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10ヘキサカプリル酸ポリグリセリル-20、(カプリル酸/カプリン酸)カプリリル、オクタイソノナン酸ポリグリセリル-20、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、グリセリン、ジカプリリルエーテル、ジメチコン、(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル、メドウフォーム油、ジグリセリン、ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、ダイズ油、ステアリン酸イヌリン、トコフェロール

 

赤字で書いた部分が界面活性剤です。

 

ノニオン型と呼ばれる低刺激な界面活性剤です。

 

ノニオン型界面活性剤には「乳化」の役割があり、メイク汚れと混ざったオイルを水に流しやすくする働きがあります。

 

ノニオン型界面活性剤が含まれていることでメイクを綺麗に落とすことができるのです。

 

クレンジングオイルに使われている界面活性剤は低刺激!界面活性剤の種類と役割

 

種類 製品 役割 皮膚刺激
アニオン型界面活性剤 シャンプー、石鹸など 洗浄・可溶化・乳化助剤 比較的弱い
カチオン型界面活性剤 コンディショナーなど 柔軟・帯電防止・殺菌 やや強い
アンホ型界面活性剤 ベビー用シャンプーなど 洗浄・乳化助剤 弱い
ノニオン型界面活性剤 化粧品 乳化・可溶化 ほとんどない

 

一般的に界面活性剤というと石鹸やシャンプーなどに含まれている洗浄目的のもの(アニオン型)をイメージするかと思います。

 

なので、クレンジングもメイクを落とすという意味で洗浄目的の界面活性剤が含まれている=刺激が強いというイメージになってしまうのではないでしょうか。

 

しかし、ファンケルのクレンジングオイルに限らず、クレンジングオイルに含まれている界面活性剤は乳化目的のものです。

 

クレンジングオイルに含まれる界面活性剤はシャンプーや石鹸に含まれるアニオン型ではなく、ノニオン型の界面活性剤(乳化目的)になります。

 

クレンジングオイルでメイクが落ちる仕組みと型界面活性剤の必要性

 

クレンジングオイルを肌に塗布するとオイルとメイク汚れが混ざります。

 

最後に水で流すことで綺麗にメイクを落とすことができますが、これを助けているのが界面活性剤です。

 

界面活性剤は油と水を馴染ませる働きがあり(乳化)、これによりメイク汚れの混ざったオイルを水で流すことができるのです。

 

界面活性剤が含まれていないとメイクと混ざったオイルが肌に残ってしまい、ニキビや肌荒れの原因となってしまいます。

 

界面活性剤は一概に刺激が強く肌によくないものというわけではなく、クレンジングをする上では必要な成分なのです。

 

関連記事

こんにちは、あんな(あんな|レイジーなレディ)です。   私はファンケルマイルドクレンジングオイルを使って1年ほどになります。   ずっとクレンジングに満足いってなかった私ですが、マイルドクレンジ[…]

 

 

ファンケル マイルドクレンジングオイルの洗浄機能の高さの秘密

 

ファンケルのマイルドクレンジングオイルは「濡れた手でも使える」と言われています。

 

それだけしっかりとした作りだと「界面活性剤が大量に使われているのではないか?」と思われるかもしれませんが、マイルドクレンジングオイルが濡れた手でも使えるのは「水性保湿成分」が配合されているからです。

 

水性保湿成分を配合することにより、抱えられる水分量が増え、それにより水に濡れても洗浄力の高いオイルを作ることができます。

 

関連記事

こんにちは、あんな(あんな|レイジーなレディ)です。   ファンケルのマイルドクレンジングオイルについて調べると「濡れた手でも使える」とあります。   どうせならお風呂に入っているときにクレンジン[…]

 

ファンケルのクレンジングオイルは独自の安全性基準で厳選した界面活性剤を使用

 

界面活性剤は汚れを落としやすくする機能を付与するだけでなく、形状をクリーム状に安定させるなどさまざまな働きがあるので、化粧品には欠かせません。

 

ファンケルでは独自の安全性基準を設け、それに沿って原料を厳選皮膚科医監修のもと使用テストをするなど安全性に配慮しています。

 

30年に渡り多くの人に支持され続けたメーカーなので、信頼度はとても高いといえます。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ